こんなお悩みをお持ちの方はご連絡ください

1.交通事故で脳に外傷を負った方

2.一定期間(6時間以上程度)、意識不明状態が継続した方

3.治療の結果、奇跡的に回復し、画像上は明らかな脳の異常は
ないとされたが、退院後、以下のような異常悩まされている方

 ◆感情の動きが抑えきれず、気分が変わりやすくなった

 ◆あたり構わず、大声で怒鳴ってしまうことがある

 ◆何度も同じ話をするかと思えば、内容も変わりやすい

 ◆服装や外見に無頓着になり、時に奇異な格好をする、他

交通事故:高次脳機能障害

高次脳機能障害
の定義
  • 1.交通事故で、一時的に強い意識障害が起こる
  • 2.治療により意識は回復するものの、「認知障害」と「人格変化」が生じる
  • 3.その結果、最終的に社会復帰が困難となる障害が残存する症状
認識障害」:記憶、記銘力、集中力、遂行機能、判断力等の低下及び、病識欠落等
人格変化」:感情易変、不機嫌、暴言、暴力、幼稚性、羞恥心の喪失、多弁(饒舌)、自発性・活動性低下、病的嫉妬、ねたみ・妄想等
高次脳機能障害
の等級
自賠責では、1級3号、2級3号、3級3号、5級2号、7級4号、9級10号の6級に分類されていますが、場合によっては、12級、14級に認定される可能性もあります。
高次脳機能障害
でよくみられる
傷病名・診断名
  • 1.脳挫傷後遺症
  • 2.外傷性器質性精神障害
  • 3.外傷性痴呆
  • 4.びまん性脳損傷後遺症
  • 5.びまん性軸索損傷後遺症
高次脳機能障害
の原因
高次脳機能障害は、治療の結果奇跡的に意識を回復し、画像上も明らかな脳の異常所見(出血痕や脳圧迫所見)が見出せないことが一般的です。にも係らず、「認知障害」や「人格変化」を引き起こす原因は、以下のように考えられています。

  • 1.大脳皮質に明らかな損傷は見当たらないが……
  • 2.大脳白質部の神経軸索が広い範囲で切断している
  • 3.そのため、神経刺激が大脳皮質に伝わらなくなっている
上記を、「びまん性軸索損傷」又は、「びまん性脳損傷」と言います。
事故後
こんな症状が
見られたら…
  • 感情の動きが抑えきれず、気分が変わりやすくなった
  • あたり構わず、大声で怒鳴ってしまうことがある
  • 何度も同じ話をするかと思えば、内容も変わりやすい
  • 服装や外見に無頓着になり、時に奇異な格好をする
  • 性的な異常行動を起こしたり、羞恥心がなくなる
  • いくつかの作業を同時進行することが出来なくなる
  • 人間関係で、周囲と摩擦を生じやすくなる(最近性格が変わった、考え方がおかしくなった、等の変化がある!)
  • まっすぐに立てなかったり、歩く際にふらつくようになる
  • 痙攣を伴う片マヒが起こるようになった
  • 注意していても尿を漏らしてしまう
当事務所の
対 応
  • 1.「高次脳機能障害」ではないか、とのご相談が寄せられたら、ご本人やご家族から詳しい症状をお伺いする必要があります。
  • 2.その上で、診断書や診療報酬明細書で、詳しい病名や治療経過をお調べします。
  • 3.必要に応じて、担当医との面談にご同行するとともに、精密検査の必要性を進言することもございます。

 

メールと電話でのご相談を無料で行なっております。