後遺障害の認定が「非該当」!?

むち打ちなどの神経的な後遺障害で、等級認定が「非該当」となった……。


「非該当」になった理由 ・レントゲン写真で骨傷等の異常が見つからなかった。
・十分な神経学的検査を受けなかった。
・治療期間が短かった(例えば、半年以下)。
・通院日数が少なかった。
等々、等級認定に必要な材料が不足していた可能性があります。
異議申立の方法 ・症状固定後も我慢出来ないほどの症状が残っていて、
 どうしても「非該当」に納得出来ない、という方には、
 以下のような方法をお勧めしています。
・最初に、詳しい神経学的検査を受けていただきます。
・いくつかの異常が見つかれば、大学病院等を受診し、
 必要とあらばMRI検査などを受けていただきます。
・その結果、十分な材料が揃ったと判断できれば、
 異議申立て手続きに進ませていただきます。

不満! むち打ちなどの後遺障害で第14級

むち打ちなどの神経的な後遺障害で、第14級に認定されたが異議申立をしたい!


第14級になった理由 ・12級に認定されるためには、医証、画像所見、神経学的所見
 の3つが揃う必要があるといわれます。
・例えば、「椎間板ヘルニア」と診断されながら神経学的検査
 を受けていなかったり、神経学的検査で明らかな異常が見つ
 かっているのに、MRI検査を受けていなかったりする場合です。
・これらは本来12級のレベルであるのに、材料が不足しているため
 上位の等級に認定されなかった可能性があります。
異議申立の方法 ・後遺障害診断書を拝見しながら、3つの中で不足するものを
 検討します。
・可能性ありと判断したら、大学病院等で必要な検査を受けて
 いただきます。
・12級の認定を受けるために十分な材料が揃ったと判断した
 段階で異議申立ての手続きに進ませていただきます。

不満! こんなに辛い後遺障害でも12級

むち打ちなどの神経的な後遺障害で、第12級に認定されたが異議申立をしたい!


第12級になった理由 ・12級は、相当重度の後遺障害といえます。
・しかし、だからこそ脊椎の障害や神経系統の障害等、
 さらに重度の障害が、隠されている可能性もあります。
・特に、「局部に頑固な神経症状を残すもの」と診断された
 方などは要注意です。
異議申立の方法 ・ご本人が12級では納得できないという場合、まずは十分
 にお話を伺います。
・他に重要な傷病などが隠されていると考えられる場合は、
 大学病院等で必要な検査を受けていただきます。
・MRI検査、筋電図検査、脊髄造影等です。
・材料が十分揃ったと判断した段階で、異議申立て手続きに、
 進ませていただきます。

まずは異議申立! しかし……

後遺障害の認定は下りたが、異議申立をしたい!


保険会社は
異議申立の方法までは
教えてくれません
・保険会社が効果的な異議申立用紙の書き方を
 教えてくれることはありません。
・上位の等級に認定された結果損害賠償額が膨らめば、
 保険会社の出費になるからです。
・被害者が異議申立ての用紙に認定へのクレームを
 ただ並べたとしても、恐らく状況はまったく変わらない
 と考えます。
異議申立は専門家に依頼 ・後遺障害に認定されるための要素はさまざまです。
・被害者の状況から最善の方法を判断できるのは
 やはり交通事故に精通した専門家のみです。
・後遺障害等級は賠償金・慰謝料の金額に大きな影響を
 与えます。たとえば同じ「頚椎捻挫」でも、12級と14級
 とでは数百万円もの開きが出来てしまいます。
・専門家に依頼したとしても、メリットの方がはるかに大きい
 と言えると思います。

メールと電話でのご相談を無料で行なっております。