病院によっては診断書の傷病名欄に、“腰痛”に関する記述がないところも見られた。

自賠責調査事務所に対する異議申立てで、腰痛に関し後遺障害第14級9号が認定された。

事故の概要 依頼者 50代男性 飲食店経営
状 況 夜中に道路を歩行中、駐車場の前にさしかかったところ、停車していた車がいきなりバックしてきて右足と腰にぶつかったもの。
当初の認定は、1次診で「胸腰椎打撲」、2次診で「右下腿打撲、腰椎椎間板ヘルニア」とされたものの、「画像上、特段の異常所見は認めがたく、その他診断書等からも自覚症状を裏付ける客観的な医学的所見に乏しい」との理由で、「非該当」とされた。
依頼者の方は当初、「異議申立てを行っても変わらないよ」と申立てに消極的でしたが、当職からの「認定される可能性がありま す」との強い進言を受け入れ、重い腰を上げることになった。
傷病名 腰部打撲挫創(5次診:後遺障害診断書)
当初の
等級
非該当
治 療 入院期間 なし
通院実日数:126日
通院期間:202日
後遺障害 診断書 他覚症状の
内容
右半身
右側痺れ増強、座位時に特に痛み増す
腰部
疼痛継続、残存している
X-P、CT 腰椎L4/5、L5/S1 椎間板bulging
異議
申立て


ポイント

依頼者は、初診から数えて5回も病院を代えていた。そのため、病院によっては診断書 の傷病名欄に、“腰痛”に関する記述がないところも見られた。また、診断書には「腰椎椎間板ヘルニア」の記述があったが、神経症状の検査が行われた形跡はなかった。そこで、新たに詳しい検査を受けてもらった上で、症状の一貫性を強調することにより異議申立てを展開。
結 果 自賠責調査事務所に対する異議申立てで、腰痛に関し後遺障害第14級9号が認定された。

一覧ページへ戻る

メールと電話でのご相談を無料で行なっております。