心的外傷後の障害・第14級から併合第9級

自賠責調査事務所に対する1度目の異議申立ては却下されたが、続いて自賠責保険・共済紛争処理機構へ申し立てたところ、「心的外傷後ストレス性障害」の訴えが認められ、第9級10号が認定された。「頚椎捻挫後の頸部痛」第14級9号と合わせ、併合第9級となった。

事故の概要 依頼者 20代女性・会社員
状 況

被害者が片道1車線の道路を、自転車に乗り横断しようとしていたところ、右方向から直進してきた車が右折しようとしたため、安全と思い道路の横断を開始した。
ところが、加害車両がいきなり右折を止め直進してきたため、自転車ごとはね飛ばされたもの。
事故後、「心的外傷後ストレス性障害」と診断されたが、認定の結果は、併合第14級だった。
しかし、次第に仕事はおろか日常生活にも支障をきたすようになり、異議申立てを決意された。

傷病名 頭部打撲、顔面外傷、下顎部挫創、
左手擦過創、左下腿打撲擦過創
当初の
等級
「心的外傷後ストレス性障害、うつ病」第14級9号
「頚部捻挫後の項部の痛み等」第14級9号
併合第14級
治 療 入院期間 なし
通院実日数 99日
治療期間  357日
後遺障害
診断書
他覚症状の
内容
「日常生活状況報告」
異議
申立て
ポイント 治療後、一時期職場へ復帰も果たしたが、
再度症状が悪化し、以前にも増して生活が困難になった。
また、うつ状態が加わり人格的にも荒んできた。
明らかに上位の後遺障害に該当すると考え、
診断書等を元に異議申立てを展開。
結 果

自賠責調査事務所に対する1度目の異議申立ては却下されたが、続いて自賠責保険・共済紛争処理機構へ申し立てたところ、「心的外傷後ストレス性障害」の訴えが認められ、第9級10号が認定された。
「頚椎捻挫後の頸部痛」第14級9号と合わせ、併合第9級となった。

一覧ページへ戻る

メールと電話でのご相談を無料で行なっております。